土木、公共事業での契約変更について

私は現在30代の男性です。大学を卒業後、民間の建設会社で現場監督として働いています。今日は、私がこれまで担当してきた現場の中で、利益を上げるのに苦労した工事について記したいと思います。
それは、入社して2年目くらいのころだったと思います。配水池という上水道の施設とそれに付属する施設を建設する工事でした。場所は岩手県です。工事は4月に発注されました。当初の工期は12月月末まででした。しかし、元々役所の担当者は12月までに終わるとは思ってなく、年度末まで契約を延長するつもりでいたようです。実際に、契約変更の理由として、追加で道路改良工が発注されました。それは、配水池までの道路約300メートルを舗装するというものです。
しかし、それが発注されたのが冬になってからということで、工事は順調に行きませんでした。さらに、追加で発注されても、業者としてはあまり旨みはありません。必要経費が計上されないからです。そのため、会社の予算は当初の工期である12月までで組んでいたため、それを過ぎた後の経費を計上することができず、現場の利益がかなり圧迫されました。

PR|中古住宅のリフォームと費用

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中